長持ちするインプラントをするために

前回比較的しっかりインプラントを行なっている病院の見分けかたについて、私なりにお話をさせていただきました。

治療にあたって検査を行い、ゴール地点を決めることは非常に大事なことではありますが、その道筋を実現する手段を持っていることもまた重要です。

インプラントは基本的に骨がないと埋入することができません。しばしばインプラントが必要な部分は骨が少ないことがあります。

しかし、なぜ歯があったところに骨がないのか?それは人間の骨は顎の骨から生えてくるのですが、歯が生えるときに歯槽骨という骨も一緒に成長し、歯を支える土台となります。歯が失われるとその骨も痩せてしまうのです。なので先人たちは、骨の部分になんとかうまく入れる方法や、骨を造成する方法など多くの術式を開発しました。

その中の一つに、抜歯した時の骨が痩せる現象を最小限にする方法があります。それがソケットプリザベーションと呼ばれる方法です。

この術式は、抜歯をしたときに、歯を抜いた穴に骨補填剤という骨の材料の様なものを入れ、特殊な膜で覆い、骨が痩せない様にする方法です。この術式を行うことで、骨を造成する手術などを行わずにすみ、患者さんの身体的経済的負担を軽減したり、治療期間を短縮することができます。当院ではこの術式をよく用い、なるべく痛くない、腫れないインプラント治療に力を入れております。インプラントでお悩みの方は是非ご相談ください。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

当院ではなるべご自身の歯を長く健全に使っていただくために日々診療を心がけています。しかしながら残念なことに歯を抜かざるを得ないという診断になることもときにはあります。 そうなってしまった場合、抜いた後の場所にはどのような治療が適切なのでしょうか? 例えば両隣に歯がある場合、従来からある方法としては両隣の被せ物を削る、あるいは天然の歯を削り、橋をかけるようにしてブリッジという被せ物を作る方法がありま