top of page

歯を守るための治療

前回までインプラントについてお話してきました。今回は今ある歯を守るための治療についいてご紹介したいと思います。少しお口の中の出血している写真などがあるので苦手な方はご覧にならないようにお願いいたします。

患者さんは事故で前歯をぶつけてしまい2本歯が折れてしまったとのことでした。








歯茎の奥深くまで折れてしまっていたので通常では抜歯をしてインプラントやブリッジが適応になります。ただ患者様は歯の保存を強く希望されたので、今回は部分矯正を用いた歯の温存療法を行いました。



歯茎の中にはまだ健康な歯の根があるので、それを引き上げ、歯茎の外に出し、それを支えにかぶせ物をしていきます。



最終的にはご自身の歯とわからないような美しいかぶせ物をセットして、治療を終えることができました。歯が折れてしまっても、このような精密な治療により歯を残すことができる場合があります。もしこういた治療に興味がありましたら是非ご相談ください。

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

前回比較的しっかりインプラントを行なっている病院の見分けかたについて、私なりにお話をさせていただきました。 治療にあたって検査を行い、ゴール地点を決めることは非常に大事なことではありますが、その道筋を実現する手段を持っていることもまた重要です。 インプラントは基本的に骨がないと埋入することができません。しばしばインプラントが必要な部分は骨が少ないことがあります。 しかし、なぜ歯があったところに骨が

bottom of page