セラミックはダイヤと同じくらい固い?

一言でセラミックといっても実は種類がたくさんあります。

花崗岩などに含まれる長石系、透明度の高い2ケイ酸リチウム系、人工ダイヤモンドとも呼ばれるジルコニアなどです。現代では技術の進歩により、十年前と比べて格段に強度が増しているので、適切な材料を使用すれば滅多に割れることはありません。ただ固ければいいというわけでもなく、かみ合わせなども十分に熟慮して作成することが必要です。

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

セラミックは長持ち?

前回の記事でセラミックが保険の銀歯より長持ちするというデータについてお話ししました。今回はどのような違いがあってセラミックが長持ちするのかを説明します。 まず表面の性質ですが、セラミックは表面が非常になめらかで歯垢などの汚れが付きづらく、銀歯と比べて虫歯の再発リスクがすくないという違いがあります。 またはかぶせ物を歯につける方法ですが、銀歯は歯との間にセメントという材料をかませ、それが内部で固まる