top of page
検索
  • 執筆者の写真和仁 長内

インプラントについて➀



インプラント
インプラント

更新が遅くなってしまいました。

前回歯を失ったところにどんな治療をするかというお話をしましたが、インプラントについてまずお話をしたいと思います。

インプラントについては日本では過去の陰惨な事故やトラブルのニュースの影響かこわいイメージを持たれる方が一定数いらっしゃいます。たしかに外科処置だし、お金もかかるし、怖い思いもしたくないと思われるかもしれません。

しかしインプラント治療はブリッジ治療と比べると長期の成功率も高く、入れ歯と違い取り外しも必要ありません。またブリッジは両隣の歯を削る必要があったり、ダミーの歯と接する部分は歯間ブラシや特殊な糸楊枝でお掃除しなければしっかり汚れが取りづらかったりしますし、三本分の歯の負担を二本で支えないといけないので力学的にも不利です。もちろんブリッジもしっかり設計をし、しっかり作成、装着してを行なえばとてもよい治療ですが、前述のような逃れられないデメリットがあります。

インプラントを行うことに対する不安感と、前述のメリットデメリットを天秤にかけてよりよい選択をご自身されるとよいと思います。

もしインプラントを少しでも考えている場合、比較的しっかりと治療をしているかを見分けるポイントがいくつかあります。

次回はそのポイントを私なりにいくつかご紹介します。

閲覧数:79回0件のコメント

最新記事

すべて表示

長持ちするインプラントをするために

前回比較的しっかりインプラントを行なっている病院の見分けかたについて、私なりにお話をさせていただきました。 治療にあたって検査を行い、ゴール地点を決めることは非常に大事なことではありますが、その道筋を実現する手段を持っていることもまた重要です。 インプラントは基本的に骨がないと埋入することができません。しばしばインプラントが必要な部分は骨が少ないことがあります。 しかし、なぜ歯があったところに骨が

Comments


bottom of page