虫歯治療

治療はお早めに

初期むし歯は削る治療は必要ありませんが、少し進行すると穴が開いたむし歯に進行します。そう言ったむし歯は最初は痛みを感じません。

そのまま放置しておくとやがて根の病気になり、より複雑な症状に進行し、歯の寿命に影響を及ぼしてしまいます。

虫歯の進行

痛みへの配慮

むし歯を削るときは痛みを感じることがあります。当院ではなるべく痛みを少なくし、患者さんの負担を和らげるために、表面麻酔という歯肉に塗るゲル状の麻酔薬を用いて、麻酔の針が刺さるときの痛みを和らげることが可能です。また、用いてる針も33G、35Gという極細の針を用いています。特に35Gの針は流通している針で最も細い最新の針です。

また、麻酔薬が歯肉の中に入り込むときの圧力も強く痛みを伴うことがあるので、歯根膜注射器という注射器で圧力のコントロールをしながら麻酔をします。

新子安 大口 から徒歩7分 近くの 歯科 歯医者 なら 新子安おさない歯科医院